2009年2月24日 (火)

1-1=0 じゃない!!!!!!

このブログも・・・・・・・・もはや死に絶えていた・・・・・。

世の中がみんなブログを始めたので、なんか、わたしごときが何を発信するというのだろうか・・・・・・みたいな感じで、しらけるというか、必要性もないわけだし、興味もなくなっていたのだけど。

ほかの人のブログを読むのは楽しいし、お気に入りなどもある。

そんな感じだったので、もう、自分がまた何か書いてみることはないかもなぁ~と思っていたのだけど。

つい、2~3日前に、ちょっとちょっと、これ、大変なことなんじゃない?ってことに気付いたので、気軽にまた、書いてみようって思ったのだった。

自分が思ったことや、忘れないようにしようって思うことを普段メモるようにしていて、

それは日記のようなものでもあるのだけど。

書きながら頭の整理がついてゆくようで私には合っているのかなと思う。

それで、何に気づいたのかというと。

    1-1=0

って、完全な解ではないじゃん!ってこと。

答がゼロになるためには、焦点を一部分に限定してみた場合、って前提条件がなければ成り立たないって・・・・・・。

箱のなかにボールが一つ入ってます。

そのボールを箱から出しました。

箱の中のボールはいくつでしょう?

という問いがあれば、

皆、学校で教わった通り、

ゼロ  と答えると思う。

これは正解だと思う。

箱の中  のお話だから。

でも、ひとつだけあるものを、ひとつ取り除きました。

さて、残りはいくつでしょう? と問われたら、

1-1=0  でしょう?!  ってわけにはいかないんだなって。

さっきの箱の中から出すっていう限定的な場合は、箱の中は空っぽですって言えるけど、

ボールは箱の外に、それが近いか遠いかは関係なく、存在してるよねって。

例えば、箱のなかにあったものが、氷の塊だったとして、

それになんらかのエネルギーを圧力とか、熱とかを加えると蒸発して何もなくなったように見えるとしても、

変化した、だけであって、

なくなってはない。

ゼロ、にはなっていないってことで。

うまく説明できてるのかわからないのだけど・・・・・・・。

1-1=0

何かから同量の何かを除くと ゼロ

それが当然正解だと、もう漠然と思ってきたし、疑う余地もなかったし、

時々、そういう質問をする子供がいるって聞いたりしたことはあったけど、頭の悪い子だな~・・・・ゼロだって言ってんのに、なんでわからないんだろう?くらいに思ってたし、

インド人がゼロを作った(発見した)とか聞いてもゼロを作った~??????って、理解不能だったけど。

何かから何かを丸ごと取り去るってことは出来ないじゃないの!って・・・・・。

移動するか、変化することはあっても存在が ゼロ にはならないじゃない!

って・・・・・・・。

あ・・・・・・って、気づいたわけですよ。数日前、部屋でパジャマのままぐうたら過ごして、暇だから、なんか書いておこうって、書き始めたら、

あ・・・・・・そうじゃん、って。

で、何が言いたいかっていうと。

すべてのものは始めからからあって、それは移動したり形を変えたりすることはあるけれども、

なくならない、

存在し続けるって、ことになるなって。

ゼロ、の本当は限定的な概念が、ありもしない全体としての認識になっているから、

不安や恐怖や悲しみの元になっているのではないのかなって、思ったわけです。

何も消えてなくなったりしないから、

形を変えて生き続ける、存在し続けるって・・・・・・・

そんな風に考えたら、世の中の常識は全く違ったものになるんだろうなって思った。

読んでくださってありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

視力改善 レーシック

9月14日(金)に 南青山アイクリニック にて

近視矯正手術 レーシックを受けました。

私は両眼とも0.1で、左目にわずかに乱視がある程度で、

もんのすごい強い近眼ってほどでもないんだけど。

やはり眼鏡なしで買い物とか辛いし、知らない土地とか行った時、看板とか標識とか見えなくて困るし。

コンタクトは一日使い捨てのものを、必要に応じて使ってた程度。

ドライアイが進行してきていたので、長時間のコンタクトは目が乾いて、かなり頻繁に目薬をさしていても、やっぱり辛くなってしまうので。

思い切って。レーシック 受けてみました。

正直ね。感想を述べると。

思ったより痛かったわ・・・・・・・。

手術時間は15分くらいかな。

レーザーを照射されてる時間は両目とも25秒づつでした。これは人によって、目指す視力によって異なるんだろうけど。

点眼麻酔をしているんだけど、多分、わたし、あまり麻酔が効きづらい体質なんじゃないだろうか、と思ってる。それというのも、歯医者で歯の神経とか抜かれるとき、打っても打っても痛かったという記憶が多いから。(痛かったら手を挙げてくださいね~って・・・・・手が固まるほどに挙手を続けたけどね。虚しい抵抗でした・・・・・。)

手術中、まばたきが出来ないように目を大きく開きっぱなしにする器具を装着されるんだけど、まず、これが、結構辛かったなぁ~・・・・・。

手術の流れは、上皮細胞層って、目ん玉の一番外側の膜をちょこっとピラっとめくって、めくったところにレーザーを照射して、まためくってた膜をもとのようにかぶせて終了。

痛みがあったのは、そのめくる部分をフラップというんだけど、それをめくる瞬間がチク~っとしたかなぁ・・・・・。

レーザーを当てられてるのは、痛くはなかった気がする。

痛い、というより、ジジジジジ~・・・・・・って、たった25秒照射されるだけ、だけなんだけど、ビビりまくってた、という感じだなぁ・・・・・・。

要は、目を開いたまんまだから、目に目薬をさされようが、目ん玉をイジられようが、逃げも隠れも、まばたきも出来ないって状況が、辛いよね。

まばたきって、条件反射なわけで、何かが近づくと、バチっと閉じるのは体の神経の問題なので、それが出来ないから、なんだか、体がビクビクって、反応して、逃げだそうとしてた。

痛くもなんともないし、怖くもなんともないって、肝っ玉がどっしり座った方も結構いるみたいで、術後、私は、なかなか目が開けられるようにならなくって、痛みも結構あって、普通他の人が、10分程度で回復して帰っていくのに、30分以上、動けなかった。

手術を受ける前は、怖いって気持ちはなかったかな。

もう眼鏡もコンタクトもなしで、生きていけるんだな~とか考えて、なんか興奮してたし、失敗がほっとんどない簡単な手術とはいえ、目玉のことだから、多少緊張はしましたが。

いざ、手術台に上がったら、早く終わってくれ~っ、ギャ~っ!って・・・・・・。

小心者なんですもの。しょうがないわ・・・・・・。

当日は、やや痛みや違和感もあって、安静に過ごしましたが、

翌日にはかなり調子も良くなって、裸眼で右1.5、左1.2 に改善されてました。

視力が完全に落ち着くには1ヶ月くらいはかかるそうですが、

裸眼で、景色がくっきり見えるといのは、やはり、感動です。

もう、このレーシックって手術は、かなり症例も増えて、安全性も高いし、料金もどんどん安くなってきてるし、

私は両眼399,000円で受けましたが、200,000円くらいでやってる病院もあるようだし、

不自由な思いで人生を送るくらいなら、思い切って手術することをおすすめするな。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2007年6月25日 (月)

100万人のキャンドルナイト

6月22日(金)に

新宿区の曙橋駅近くの ふく新 という家庭料理の店で

キャンドルナイトをしました。

Dsc01803_1 Dsc01804

Dsc01806 白いキャンドルスタンドと、カウンター上の透けてるスダレ

みたいなのは切り絵で自作しました。

下の花びらのは、水に浮かべるキャンドルをガラスの器に浮かべていたら、

常連のお客さんが、店に生けてあった花をちぎって浮かべていました。キレイでした。

カウンターだけの店で、客が10人・・・・・くらいしか入れないような小さな店ですが。

当日は全く関係のない予約客とかも入ってたせいで、珍しく?ず~っと満席。

夕方5時半くらいから、すでに接客で忙しいママの邪魔にならないよう、

客の脇をコソコソと飾り付けなどしてました。

点灯は、もう薄暗くなてきたし、待ちくたびれたよ~・・・・・とのリクエスト(酔い客のヤジ・・・・・)もあったりして、7時すぎから電気を消して店の客全員で、たくさん用意してあったキャンドルに火を灯しました。

初めてだったし、思いがけず素敵な演出っぽくなったとこや、張り切ったわりに全くパっとしなかったとこなどもあったけど、

帰り際に、

「すっごく良かったよ~!とてもキレイだったし、またやりたい!」

と言ってくださった方もいたし、

チームGoGo!の号外を配って、(暗いので)

「帰ってから、読んでみてください。・・・・・・字が小さいですが・・・・・・・。」

といって渡したら、

「なんか主催者から一言あるんでしょ~」

などと、突然振られたりなんかして・・・・・・・。

全くそんなことは考えてもなかったし、正直、マジメくさって

環境を~っっ!!! みたいに訴えるのはこの和やかな空気にそぐわないしぃ~・・・・・とか、思ったりはしたけど、

引っ込みつかないでしょ、やっぱ・・・・・・。

で、

「え~・・・・・このキャンドルナイトは、ここに集えた縁が、まず何よりも意味があるし、自分に出来る小さいことを、楽しくやっていきましょうって・・・・・ことです・・・・・・・。

みたいに、なんだか尻すぼみに、モゴモゴ話しました。

自分にできることはなにかあるかな~って、考える意志さえもてば、いろんなとこで、いろんな人が、

とんでもなく面白いアイデアを思いついたりするんだろうって思う。

優しい縁の広がりで、世界中がひとつの想いになるって、ホント、素敵だなと思う。

そんなこんなで、第二弾やることになりました。

今度は七夕キャンドルナイト。

その店のママも、さらにヤル気になってくれたようで。

楽しみです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

100万人のキャンドルナイト

2007年6月22~24日 20:00~22:00

100万人のキャンドルナイト 2007夏至

ということで、電気を消して、ろうそくの灯りで過ごしましょう、という呼びかけがあります。

地球温暖化を止めよう、環境のことを考えよう、といような趣旨で日本全国で行われているイベントです。

何気なく、いつもいく小料理屋さんで話をしたら、

「あら、いいわね。やりましょうよ。」

てなわけで。

ポスターとか、お客さんに配るチラシとか作ってみたりして。

とにかく、どんな小さなきっかけでもいいから、優しい想いが広がればいいね。

Dsc01791_1 ちなみに、その店の名前が

ふく新・・・・・・です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

年末は・・・・・

今年も・・・・・

あ?

っという間に、暮れてゆくのですね。

まぁ、今年は、ちまちまと小物作りに励み、

全っっく、知識のなかった着物に関して、着付けを学び、桐のタンスがすでに埋めつくされるほど、着物が増え・・・・・・。・・・・・着てないくせに・・・・・・。

旅行もたくさんしたし、健康で、幸せな一年でした。

え?・・・・・・結婚?・・・・・・・うん、まぁ・・・・・・。それはまた先のお楽しみってことで・・・・・・。延ばし延ばしだよね・・・・・。うん。

そして、今年最後の旅に明日出発します。

朝9:30の便で鹿児島に飛びます。

去年の暮れも鹿児島でしたが、また叔父と二人旅です(そもそも叔父と旅行する、旅行出来るってこと自体、珍しいことだと思うんだけどね・・・・。

昔は親子に見られてたのに、最近は疑われることなく、夫婦に見られる・・・・・・ガクっ)

指宿に一泊、霧島温泉に一泊、ばあちゃん家に一泊して、大晦日に両親の住む大阪に飛びます。

砂風呂の指宿と、霧島温泉は霧島神宮近くのさくらさくら温泉というとこに泊まる予定。

一年の汚れを、一気にデトックスです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年12月18日 (月)

小錦さんのパーティ

このところ、ブログの更新をしよう!という気持ちが限りなく薄い・・・・・・・。

9日(土)に後楽園のラクーア内にある小錦さんの店でパーティがあって、

誘われたので行って来ました。

小錦さん・・・・・・大きかったわぁ・・・・・・。

サンタの格好して座ってらしたけど、まん丸だった。

小錦さんは10日に日本を引き揚げてハワイに帰国するということで、

関係者のみのパーティを催したらしい・・・・・・

たいてい有名人の関係者の何タラとかに私が行くような場合、

完全に初対面、思いっきり無関係者だったりしますけど・・・・・

友達の友達は・・・・・みぃ~んな友達・・・・・・だから・・・・・・

で、そのパーティにはさすがに相撲関係者とか、K1の方とか。。。。(名前わからなかったから・・・・・多分・・・・テレビで観たことあったような・・・なかったような・・・・・・)

私でもわかったのは高見盛さんで、友達が声かけたので、私も握手してもらいました。

ほかは、武蔵丸さんとか、二倍二倍~!ってCMに出てた親方とか・・・・

小錦さんが、一番最後にコメントしたんだけど、

長いこと日本に住んできたけど、今年は最悪だって。

イジメとか、悲しい問題ばかりで。

子供もけっこう来てたんだけど、この罪もない可愛い子供たちに美しくて平和な地球を残してやろうよって。

まずは家族を愛して生きてこうって、強く訴えてました。

体が重すぎて、自力ではもう五分も立ってられないようで、健康な体になって帰ってきますって言ってた。

彼が人に愛される理由がわかった気がしました。

豊かな自然がたくさんあって、み~んな仲間なんだ~って仲良くできる世界にしていきたいですね。

急がなくちゃ、ほんの数十年先には住むところも食べるものもなくなってしまう・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月23日 (木)

桐タンス買いました

桐タンス買いました

ディノスにて・・・・。

桐タンスを購入しました。

着物をむやみに買いつづけているために、ダンボールで収納するには無理が出てきて。
ついに届いたので、設置代をケチったため自力で運んで設置。

用心?して大きめを買ったつもりが、ほとんど余りなく埋まってしまった。

タンスの上には着物関連の本とか小物入れを。

まさに趣味がぎっしり詰まったタンス・・・・・。

着物・・・・・着ようっと・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

青山探検隊

昨日は、以前にも紹介した、インドのビーズや刺繍を扱う会社をしている親戚と青山探検しました。

東京にすでに10年ほど住んでいながら、青山などというおしゃれな場所に、とんと縁なく過ごしてきてますので、ドキドキでした。

10年にして、初めて夜の青山に出没しました。

その彼の扱う商品はかなり特殊な部分になるので、服や小物などいろんなものに使われているため、その研究というか、デザインとか流行のチェックをするのに、ご一緒したわけです。

青山あたりのショップは、お高そうだし(実際むやみに高いし・・・・・)、私には一人ではとてもとても越えられない高層な敷居なわけで・・・・・。

ファッションの仕事をしている方と一緒だったので、ふらりと入って、ふむふむと商品を手にとって見たりしました。

いや~、いいもんですね。なんか、それだけで、おしゃれになった気分でした(1mmもおしゃれになってないんですが)。

写真に写ってるのは、アナ・スイのバッグとチャーム(写真用にじゃら付けしたんですよ)

なんですけど、これもその方の作ったもので、こういったいろんなブランドの小物等を、

運良く・・・・・頂いてしまっているのです。

もともと、アンティークな雰囲気のものとか、こてこてにハンドメイドっぽいものは大好きなので、早速、頂いたチャームもバッグとか財布にまでじゃらじゃらと付けてみました。

食事をしたレストラン?カフェ?も、何やら、あ~お~や~ま~って雰囲気(私に言わせるとね・・・・・)、港区~て感じのおしゃれなお店でした。

ん~、ありがとうございます。新しいものを見たり聞いたり、そういう経験をさせてもらえることに、感謝です。

ちなみに、明日から、山形に旅行に行きます。

また、逐一報告隊で、旅の模様を記録して行こうと思ってます。

今回は山形の瀬見温泉というところに二泊します。

数十件電話をかけて、やっと空きがあったのが、今回の宿です。

山形の秋を満喫して参ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

観艦式2

観艦式2

ちなみにこれが、水陸両用の航空機。

目の前を、ふわ~っとゆっくり飛んでるんですよ。

この後、着水して、そのまま、ぶわぁ~っと飛び立ちます。

飛行場のない島とかだと、これがないと人も物も、緊急時に運んだりできないらしいとのこと。

なるほど、便利だな~って、すごいもの作るひとがいるもんだな~って、

関心しっぱなしの一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観艦式

観艦式

11/22(日)に横浜港から乗艦する海上自衛隊の観艦式に行ってきた。

朝から曇りで、船では猛烈に寒いのじゃないかと心配したけど、どうにか大丈夫だった。

別に、もともと興味があって応募したわけではなかったのだけど、マニアなおじさん友達に応募に協力して~と、頼まれて4枚応募したら3枚当選したのです。

全国的にかなり人気があるらしくて、今年は8.7倍の倍率だったそうです。

一枚で二人まで乗艦できるので、4人で行ってきました。一枚はムダになっちゃったけど。

人気がありすぎて売買したりする人もいるようで、ムダにしないようにしたかったけど、他に行きたいって人がいなかったんですよねぇ。

で、私は、横浜を9時に出港する佐世保を母港とする、さわぎり、という船にのりました。

さわぎりの隊員さんたちは、佐世保の自衛隊の方たちで、あちらこちらで、佐世保弁が飛び交ってて、九州出身の私はなんだか癒されました。

9時に出港して寄港は4時ということで、一日船上で過ごしたのですが、マニアな人も多い印象で、皆さん過ごし方や場所取りも心得たもので、午後から行われる

たくさんの戦艦?のパレードっつうかお披露目と、航空機(戦闘機?)のショーと潜水艦のショー(ショーと言っていいのかわからないけど)、爆弾とかドンって討ってみせたりもしました。

戦闘機とかってまともにとんでるの見たことないし、いろんな種類があって、艦船も映画になったイージス艦とか、潜水艦なんて初めて本物が動いてるのを見たし、かなり楽しかったです。

佐世保の海上自衛隊の隊員さんたちの楽隊の演奏会もあったし、なんと、ファッションショーまで行われました。ファッションショーは、かなり学芸会チックというか、宴会の余興みたいな雰囲気で、アットホームで良かったです。若い隊員さんたちがかなりテレながら、モデルになってて面白かったです。

自衛隊の存在とか、活動についても、さまざまな意見があると思うけど、実際に海上自衛隊というものを目にしたのは初めてで、私は、存在については有りだと思いました。

戦争はしてはいけないものだって、皆心では思うことだと思うし、本当はわかっているものだと思うし。

世界大戦っていうほどの戦争はなくなるんじゃないかなって思うのだけど、小さな紛争ってなくならないように思うから、そういうときとか、災害時、事故があったとき、出動して人命救助する頼もしい組織としては、なくてはならないよな~と思うな。

世界の軍事費を削減して、世界の飢えをなくすためにお金を使おうって日が、そう遠くない将来くるように思う。

そしたら、経済とか流通形態とか、貨幣価値とか、国とか、なんだかいろんなものが、今とは全く違う形になってるんでしょうねぇ・・・・・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (1)